上手なアピールの方法

仕事を辞めてから次の仕事に就くまでに、さまざまな事情でブランクが発生することがあります。就職活動に専念するために退職をしたものの、就職活動が長期化してしまったり、家庭の事情や病気の療養でやむを得ず働けなかったり、資格取得や学びなおしのために一旦仕事を離れたなど、理由は多々考えられるでしょう。

前職を辞めてからのブランクが長い場合、再就職の際にその事情の説明を求められます。社会人としての感覚が抜けてモチベーションが下がっている、あるいは前職で培った経験や知識が失われかけているのではないかと懸念される場合があるからです。就職活動に臨む際には、ブランク期間に何をしていたのか面接官も自分も納得できる形で説明できるように準備しましょう。

例えば、家庭の事情や病気が理由であった場合、正直に事情を話せば理解をしてくれる面接官は少なくありません。その悩みがすでに解消されており、今後は前向きに働きたいという気持ちを伝えましょう。資格取得での離職の場合、取得した資格が今後どのように活かせるかなど目的意識を持っての結果であることを伝えれば、十分なアピールになります。就職活動の長期化が理由の場合、マイナスな言葉を使うのを避けて萎縮したり卑屈にならず、前職でのキャリアに自信を持って次への意欲を伝えるようにしましょう。前職が多忙すぎて平行で就職活動ができる環境ではなかった、納得できる就職をするために情報収集やキャリアの棚卸を慎重に行ったなどの理由も、納得できる理由になるはずです。